バリバリ家庭教師でがんばるぞ

d70s862a.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「日本海」は国際的に確立=政府答弁書(時事通信)

 政府は26日夜の閣議で、「日本海は『東海』が正当な名称だ」と韓国が主張していることについて「日本海の名称は国際的に確立した唯一の名称であり、断固反ばくするとともに、国際社会に対し、わが国の立場への理解と支持を求めてきている」とする答弁書を決定した。政府の対応をただした亀井亜紀子参院議員(国民新)の質問主意書に対する答弁。 

供述通り山中に遺体 死体遺棄容疑で出頭の男を逮捕 兵庫県警(産経新聞)
<商標>「中原中也」の出願拒否 特許庁(毎日新聞)
捨てたタオルが逮捕の決め手に ひったくり容疑で会社員の男逮捕(産経新聞)
首相動静(1月26日)(時事通信)
2千数百万詐取容疑で追送検=近未来通信元専務ら−警視庁(時事通信)
[PR]
by pj3benczjg | 2010-01-31 05:33

長井先生、昭和基地から「南極授業」(読売新聞)

 第51次南極地域観測隊に同行し、昭和基地に滞在している千葉県習志野市立大久保小教諭長井秀子さん(48)が27日、同校体育館に集まった約1000人の児童を前に、衛星回線を通じて「南極授業」を行った。

 長井さんはテレビ会議システムを使い、1時間にわたり、基地での生活や、周辺で見られる生物の様子などを写真やビデオで全校児童に説明した。

 長井さんが「ペンギンのふんは赤いプランクトンを食べるから赤いんだよ」と、写真を示しながら説明。「プランクトンは、さらに小さい微生物を食べている」と、様々な生き物がいることを紹介すると、児童は熱心にスクリーンに見入っていた。

 「スーパーがないのに食べ物はどうするの」「白夜はどうでしたか」など相次ぐ児童の質問に対して、長井さんは「1年分の食料を船で持ってきていて、コックさんがおいしく料理してくれる」「本当に太陽が沈まないか、一晩中見ていました」などと笑顔で答えていた。

 6年生の井上美樹さん(12)は、「日本にいない生き物を見ることができた。私も南極に行ってみたい」と目を輝かせていた。

 長井さんは3月19日に帰国予定。

民主党と読売新聞 誤報か否かで「戦闘」状態(J-CASTニュース)
稲嶺氏当選「日米関係にさらなる緊張」…米紙論評(読売新聞)
都立高推薦入試 応募倍率は3.02倍(産経新聞)
「地域の神様」「単なるお守り」=雅楽、みこの舞いも−市有地の神社・政教分離訴訟(時事通信)
<JR福知山線>ATS誤作動で非常ブレーキ(毎日新聞)
[PR]
by pj3benczjg | 2010-01-29 18:55

奈良・薬師寺東塔の彩色文様を現況調査 剥落止めで保存へ(産経新聞)

 解体修理に向けて事前調査が実施されている奈良市の薬師寺東塔(国宝、奈良時代)で26日、塔内部の天井に描かれた極彩色文様の現況調査の様子が報道陣に公開された。建立当初のものとされる貴重な文様は、剥落(はくらく)止めが施される方針。

 東塔の初層内部の天井には、架空の花を図案化した文様「宝相華(ほうそうげ)」などが数多く描かれている。しかし、風化が進むなどしており県教委が調査している。

 この日は、大山明彦・奈良教育大准教授(絵画記録保存)が内部に入り、目視で調査。大山准教授は「昭和39年に行われた剥落止めは効いているが、一部ははがれている。措置について検討していく」と話した。

【関連記事】
薬師寺でお身ぬぐい 修正会の準備、粛々と
奈良の大安寺遷寺1300年 国際交流の歴史アピールへ
薬師寺修理の写経、高い関心はや100巻 釈迦生涯たどる特別版
薬師寺で晋山式、管主が就任報告
薬師寺・東塔9年間見納め…解体修理の事前調査始まる

山スキーで遭難の2人救助 滋賀・土蔵岳(産経新聞)
菅家さん「全然かかわっていません」(産経新聞)
説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺(読売新聞)
<訃報>藤本久徳さん77歳=舞台美術家(毎日新聞)
石川容疑者支援会合への出席を総務政務官が正当化(産経新聞)
[PR]
by pj3benczjg | 2010-01-28 16:52

25日の小沢民主党幹事長の記者会見要旨(読売新聞)

 小沢民主党幹事長の25日の記者会見の主な内容は次の通り。

 私自身も、(政治資金を管理する)担当者を置いている政治家の場合は大体同じだと思うが、直接、(政治資金収支)報告書や数字に目を通して、全部検証するということはほとんどしていないと思っている。

 現時点ではとにかく与えられた職務に全力を尽くす。(資金の管理を)担当者に任せてきたことは事実だ。それがもし誤ったことをしたならば、私の(団体の)代表者としての責任ももちろんある。

 (検察の事情聴取に対して)水谷建設から5000万円を受け取った(り)、土地購入の資金に充てたという事実は全くないし、その他の会社からも不正な資金提供を受けたことはないと(言った)。公平公正な捜査については、今までもそのつもりでいたが、今後も協力していく。

 (家族名義の口座に3億6000万円があった理由について)1991年に心臓の病で入院した。自分のことも念頭にあって、万が一の時にもというような意識があり、家族の名義にしたのではないかと今思う。

 (国会での説明は)国会対策委員会あるいは委員会の現場で与野党で議論することなので、その議論の結果に従う。

「朝日新聞が世論調査捏造」と話題に 名護市の情勢調査と混同(産経新聞)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明−衆院予算委(時事通信)
大わらじみこしが練り歩き=山形県高畠町〔地域〕(時事通信)
小沢氏聴取、早期実現を=鳩山首相(時事通信)
日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)
[PR]
by pj3benczjg | 2010-01-26 22:55